非常識天然奇行浪漫譚

日本語したため屋の備忘録です

予習

まだ世の中の仕組みがよくわかってない頃は

なるべく都心で暮らして話題や潮流の渦中に

身を埋めたいという欲があったんだけど、

こうも情報や物流が発達してくると窮屈さが

先に立っちゃって、三十を過ぎたあたりから

「静かに暮らしたい」

とわりと真剣に考えるようになった。

今の住まいは生まれ育ってからずっとなので

正直「うんざり」という気持ちもあるし、

大阪の下町ゆえのがちゃがちゃ具合に

胸焼けするようにもなってきて、

カルビよりハラミという具合で

口にするものの好みが変化するように

住環境にも穏やかさを欲するようになってきた。

 

で、移住なんだけど当初は京都の山奥や

親族がいる九州やと紆余曲折を経て

最終的に札幌にすることにした。

 

思えば身の回りには北海道(札幌)出身の方や

馴染みのある方が多く、ネットで調べる以上の

「そうなん?」な情報がつぶさに拾えてありがたい。

ネット上では「冬」「雪」「就職」についての

厳しい情報が氾濫しており文字通り震える感じも

するけれど、あらかじめ予習ができれば策も

講じられるわけで平たい話が「貯金」が

目下のところ最重要項目(カメラ買ったけど)。

 

とは言いつついきなりの移住は

準備運動なしのフルマラソンも同然。

じゃあ来年の閑散期には視察を兼ねた旅行など、

と考えて当然これにも金がいるのだよね。

世の中金なのであるね。