非常識天然奇行浪漫譚

日本語したため屋の備忘録です

芥川賞昨季分

残暑お見舞い申し上げます。

お盆休みをいいことに

昼は高校野球、夜はオリンピック。

そしてオリンピックでは

稀代の疫病才能大発揮!

メダル確実視の日本人選手ごめんなさい。

 

先月発表がありました

芥川賞作品を読了し、

続きで積ん読してた昨季分を漸く読了。

f:id:mehachi51:20160812092512j:plain

異類婚姻譚/本谷有希子

本谷さんもずっとのファンでして、

なんつーか劇作家然とした疾走感がとても

好きで、でもご結婚されて少し作風に

変化があり、あー、と思っていたのだけれど、

異類婚姻譚! とても良かったです。

 

本谷さんの作品でもっとも好きなのが

「生きてるだけで、愛」

www.shinchosha.co.jp

なのだけど、で、次点で

「あの子の考えることは変」

bookclub.kodansha.co.jp

 

……おわかりかと存じますが相当かわってます。

いわゆる純文学が好きな方にはいいかと。

で、異類婚姻譚に話を戻しますと、

ネタヴァレしない程度で匂わすならば、

選評でも議論の的だったラストのところ。

ここがもっとも好きでした。

現代文学は明確な結びを欲しがるけれど、

そもそもそうではないところが純文学の

発露ではないのかなぁ。自分はそう思っています。

いわゆる読み解くのは難しい作品ですが、

文体は軽やかなので日本語を理解できる人は

楽しめると思います! ぜひ!