非常識天然奇行浪漫譚

日本語したため屋の備忘録です

その他

進撃の誤認

月刊誌連載の漫画は発刊が遅い。 最新刊が出ても 前に読んだ時の記憶がないから どうにも難儀するということで、 先週末から読み返していました。 進撃の巨人。 いい作品ですよね。絵は下手だけど。 でも最新刊まで読んでみて 気になった点がいくつか。 なん…

起業しやすく潰しやすい時代

昨年書いてたキュレーションサイトが、 ネット上から削除されたっぽく、 エラー表示になっていた。 神社やお寺のサービスを 提供していた会社だったんだけど 僕が書き始めて少しして、 その会社が依り代にしていた ある神社仏閣サービスのサイトに 不正が発…

夏のにおい

異常気象という言葉が 使われなくなってきている感じがする。 今日は5月1日なんだけれども 最高気温が25℃を超えたりして、 六月下旬並みだとか言われても 六月下旬がいつの六月下旬を 差しているのかわからないし、 わからなくても「そうなんや」 程度に…

ヤクルトとピルクル

毎日一本、ピルクルを飲んでいる。 もともと乳製品が好きすぎるし、 日中出入りしている派遣先では ヤクルトレディが来る(たまに来ないけど)。 そんなわけで毎日乳製品を摂取している。 年明けぐらいからなんとなく始めて、 だけど当初はヤクルトを飲んで…

カメラとサクラ

気がつけば四月で、新年度で、 あんなにも寒かった冬が嘘のように暑い。 この国はいつから乾期と雨期の差しか なくなってしまったのだろうか。 体がおかしくなりそうではあるけれど 毎年なかなか掴めなかった桜の時期を 今期はバチコーンどハマりしてもうて…

ジャージ

小説を書いている。 枚数が伸びていないのはさておき まあまあええ感じで書いております。 息抜き的にゾンビ(ウォーキング・デッド)が 今シーズンはわりと「お」な感じで見れてる。 tv.foxjapan.com 個人的に偶数シーズンはう○こだと思っていたけど、 今シ…

乳製品の祖(自分的に)

乳製品が好きだ。 チーズ、バター、ミルク、ヨーグルト。 自分はまあまあの片頭痛持ちで、 一説には乳製品は片頭痛に良くない という見方もあるらしいのだけど、 少なくとも牛乳を毎日のように 飲んでいた子供の頃は片頭痛は一切なかった。 (若かったからか…

ドキュメント72時間

レコーダーを所有していないのは、 テレビを観る行為にさほど執着がないからだ。 けれどそんな自分にも繰り返し観たい番組がある。 「ドキュメント72時間」だ。 基本的に金曜日の23時前ぐらいから 放送するので、金ローでジブリなんかを やっているとう…

智謀の人 阪急オアシス

いやー、平昌オリンピック面白いね! 個人的に冬季オリンピックは屋外競技が好き。 モーグルやスノーボードが面白いですよね。 ちょっと空いてしまったんだけどスーパーの話。 前回も少し話したけれどAに「阪急オアシス」が オープンした時が今思えばピーク…

スーパー治世の能臣、乱世の奸雄

スーパーA、Bの変遷を 軽く紹介しておこうと思う。 ・ ・ ・ A:関西スーパー営業 B: KOHYO営業 ・ ・ A:関西スーパー閉店 阪急オアシスオープン ・ ・ B:KOHYO閉店 万代オープン ・ ・ A:阪急オアシス閉店 マルハチオープン ・ ・ 現在に至る。 自分…

スーパー三国志

スーパー(マーケット)が好きだ。 読者の中に買い物をすることで少なからず ストレスを発散している方がいたら スーパーをおすすめしたい。 今朝見たがっちりマンデーで糸井重里さんが 「とんかつ」の研究をしているのを興味深く 拝見したけれど、嬉しみや…

お土産の続き

前回の続き・・・。 むっちゃかわいい。 パッケージにプリントされているから 中身を出すときに 顔の感じがずれていくのがおもろかった。 中身はミルククリーム。 あんこが入っているのもええ感じ。 お餅やお饅頭ではないです。 「ペコちゃんのほっぺ」的な…

お土産の懐も深い

少し前のことになるけれど 北海道のお土産をいただいた。 いつもいつもいただいてしまうのだけど、 それなのに毎回はじめてのものばかりですごい。 やっぱり北海道の大きさのせいかな。 僕は阪急電車になじみがあるんだけども 全国区の皆さんにわかりやすく…

明日から平常運転のみなさんご苦労様です

今日で三が日も終わり、 早い人は明日から平常運転である。 年末の盛り上がりを 思ってやまない自分にとって残りの 360日あまりは燃えかすみたいなもので、 すでに今年も「終わったな」という 感じである。 今年は元日は第一大吉を引いたにもかかわらず 宵の…

宝くじの落とし穴

あけましておめでとうございます。 今年は頑張りたいです。 頑張りたいなんて言っておいてなんですけど 昨年末に宝くじを買いました年末ジャンボ。 しかも大阪の縁起がいい場所で。 higashiosaka.keizai.biz ぜんぜん頑張る気ないやん。 そして高額当選もあ…

やまない雨はないじゃない

大晦日イブですね。どうも。 年末の12月29日から元旦までの ほんの数日はどうも遥かなる気持ちになる。 家の大掃除をしていても 「嗚呼もう年末かぁ、家を綺麗にして 縁起を呼び込もう」って思えるし、 スーパーに夕飯の買い物に出かけても 品揃えが目に…

四十にして惑はず

デザイナーの大先輩からいただいた。 輸入雑貨の電気スタンドなのだけど、先輩曰く 「ペン先が光るように、ペン先の光で家を支えるように」 とのメッセージが込められているそう。 なんか重い謂くを込められてしまったけれども、 物書きにとってペン先が明る…

銭湯体制

銭湯が好きだ。 今日は11月26日でいい風呂の日らしい。 らしいって調べたわけじゃないし、 調べたところでその情報の正誤なんて昨今、 根拠も何にもあったもんじゃないんだけれども 銭湯は好きだ。 自宅は大阪の下町にあって、 減っている減っているとは言わ…

鬼が笑う

来年のことを言うとそうらしいんだけど、 明日明後日がどうなるか先の見えない昨今、 鬼が笑わなくてもなかなか先のことを言うのは困難。 けれどちょっとぐらい決まってることや やりたいことを言っておかないと、 人間なかなかその気にはならないもので、 …

年末の気分

大人になると時間が過ぎるのが早くなるのは、 これまでの経験が日々おこることから 鈍感になっていくからというのが まあまあ偉い人らの共通見解。 やので行事ごとやイベントが 通過儀礼のようになっていると ただの害にしかならんらしい。わかる気がする。 …

愛…大阪

僕は大阪で生まれ育って 親の転勤や災害もなく大阪しか知らんわけです。 子どもの時はテレビが好きで お笑いが好きでダウンタウンが好きで(今もやけど)、 なんでガキの使いが大阪で見られへんねん! と憤り、スタイリッシュかつ 情報のあふれる東(主に東…

霜月、登場

はてなブログは今や写真やイラストが とてもみなさん綺麗で(昔はそんなでも なかった)、写真がないときは書かない 方がいいのかなと遠慮、でもないけれど 憚れる気持ちがあったのだけども、 ふと自分は文筆家なのだよなぁ、と そこかしこでそう公言してし…

秋の古本まつり

朝イチで髪切って 行ってきたー 日本の頭脳、京都大学! ではなくて 秋の古本まつり 百万遍知恩院さんです。 さぶかったー。 雨男発揮! 着いた途端小雨。 すぐやんだけども 曇り空どよーん!! 絵本1冊買いました。 立ち読みしてたら 可哀想で泣けてきたの…

葉挿しと株分け

おととい急に思い立って、やってみた。 時期的にも良さげやし。 葉挿しと株分け。 意外と簡単でしたな。 買った土は重かったけど……。 あとは発芽したり根差すまで 水やりを我慢できるかどうか。 すくすく育っておくれよ。

合間の読書とDVD

土曜の朝なのでジャズ流しながら コーヒーすすりながらさっき買ってきた ドーナツ食べてますもぐもぐもぐ。 あ、で、ドーナツ買うときセブンの 店員さん、値引きしてくれたなんで!? とてもにこにこと優しそうな白いオスの マシュマロで、またあの人だった…

憂き目

つい先日、土曜の朝にブログ更新を 匂わせておきながら、これを書いている 今は月曜の夜半前だし、その前の更新は 日曜だしで、もう。 ともあれ十月が、前回の更新でも書いたけど 始まってしまい、なんや今日、突然に明後日 取材を申し渡され、今日中に準備…

女性の気持ちについて

土曜日の朝は購読している ブログがいっせいにアップされるので、 「そうか土曜の朝に優雅にコーヒーでも 飲みながら、部屋にはジャズでも流して」 とそういうことを想像すると自分もそう したくなったのでやってみた。 さて、主題はそれとはまったく別だけ…

撮り鉄(とりてつ)っていうらしい

ふだんあんまり書かないものだから まさかの一日2記事。増刊号。 仕事の性質上、整骨院通いが必須 なんだけども、今日の帰り道 ぽてぽて家路を辿っておると 鉄道マニアの方が! なんでも最近は「撮り鉄」と 呼称するらしく、その他にもなんや 「乗り鉄」(乗…

夏の終わり

先週、二十四節記に行ってきましたー。 また投稿おそくてすみません。やー、 帰ってきてすぐ、というかその次の日 アルゼンチンから幼なじみが帰ってきて。 まーいいんだけども二十四節記は ジブリでした。 阪急「上牧」駅をおりてぽてぽて歩いてたら 畑が見…

絵本

先日(いつもアップ遅くてごめんね)、 賀茂御祖神社にいってまいりましたー。 正式名称で書いたけど、下鴨さん。 目的は「下鴨納涼古本まつり」。 森見登美彦さんの名著 「夜は短し歩けよ乙女」が大好きで、 読むたびに京都があらためて好きになり、 阪急電…