非常識天然奇行浪漫譚

日本語したため屋の備忘録です

果報は寝て待て

風邪をひいたのかなと思ったらそうでもなく、

二日酔いはあったのやけど微熱がありあれはなに?

もう大丈夫そうです。

 

 

おととい、とても飲みました(酒)。

 

 

たんのしかったからきっと二日酔い、

ということにしているんやけども……。

 

 

このところうまくいってること、

うまくいきそうなこと、

手が届きそうで届かなかったこと、

のマーブル模様。渾然一体。

 

いいお話があったんやけれど、

そうなると小説はもう難しく、書けず、

たぶんあきらめなあかん。

 

 

ああ、やりたかったなぁライティング。

(今もしてるけど)

 

 

でも、小説を書かないんやとしたら、

これまでもそういう機会はあって

でもやっぱり小説でやってきたから

小説は手放せん。小説ありき。

 

でも惜しかったなぁ。

まだちょっぴりもったいない気もしているけれども

またいい話があるさ。

 

きっと。

 

 

 

積雪

あさんぽから帰ってきたら

ジーパンの股んところが裂けておった。

いつからやったんやろ……。買わな。

 

大阪も積もりましてん。

 

 

f:id:mehachi51:20170115080856j:plain

おお! うん??

 

 

 

f:id:mehachi51:20170115081139j:plain

しょぼ!

しょぼいがな! あれ、お仕事ですか?

お気をつけていってらっしゃいませ。

 

 

 

f:id:mehachi51:20170115081236j:plain

ちょっとかわいい。

ちょっとやけどな。

 

 

 

f:id:mehachi51:20170115081315j:plain

雪が降ると明るくてええな。

真っ白でぴかぴか。

でも地球全体があったかなってる昨今

大阪ではこんなもんかなー。

もう晴れてきてもうた。

 

 

ライティングの仕事ほしいです。

単発でもええので勉強させてくれる方、

どうぞご遠慮なく。

今さら

あけましておめでとうございます。

昨年、長いブランクを経て

はてなブログ復帰して

そんなに真面目でもなく

ほぼ気が向いたときにのみ綴ってますけれど、

今年もなんか気が向いたら読んでくださると嬉しいです。

よろしくです。

 

昨年末から何をしていたかと言うと、

小説を執筆していました。

遅筆をもうどうにもできず、

舞い降りてきたというか

スイッチが入ったのが

年が明けてすぐあたりからで、

2日の夜からぼんやりと描いていた

プロットに色というか具体がやってきて、

気分が乗り始めたころ仕事はじめでした。

休んだろかと思いましたよ、ええ。

 

とりあえず、

年明けのプロットはボツにならず

その後の筆の進みにまだ

いきおいを与え続けてくれています。

(今のところ)

ただ慢性的にお金がなく、

お出かけも初売りも関係ないので

半身浴を長めに。

そのお供に手に取ったのがこちら。

 

 

 

f:id:mehachi51:20170107210033j:plain

以前も紹介したと思うんだけれども

「生きてるだけで、愛/本谷有希子」。

 

ほろ苦くて、ひりひりと少し悲しい物語。

しんどいとき、人疲れしたけれども人恋しい。

放っておいて欲しいけれども、さみしい時など。

自分を持てあまして仕方ない時は読んでください。

本谷さんは一昨年別の作品で芥川賞を獲ったけれども、

個人的にはこっちの方が好き。折に触れて読んでます。

 

 

そして今日のお昼がこちら

 

 

 

f:id:mehachi51:20170107210423j:plain

 

焼きそばUFOと大阪人ならすぐわかる

お好み焼きの鶴橋風月のコラボです。

 

美味しいけれど、

なんていうかクリエイターやアーティストが

貧乏ってのはステイタスっていうか

そういうのがあるかもしれないんだけれど、

そんなのは結果論であって

アメリカ人が今でも

日本に忍者や切腹の習わしがあると

思っているのと同じくらいのあれで

そらお金あった方がええやろ!!

 

今年も小説にライティングに頑張って行こうと思います。

生きてるだけで、愛。

鬼が笑う

来年のことを言うとそうらしいんだけど、

明日明後日がどうなるか先の見えない昨今、

鬼が笑わなくてもなかなか先のことを言うのは困難。

けれどちょっとぐらい決まってることや

やりたいことを言っておかないと、

人間なかなかその気にはならないもので、

今日だって

昨日決めてた大掃除も1/3がええところで、

宣言せんかったらどうなっておったのかと慄くばかり。

そういう意味でも来年はひかりTVを引こうと思います。

 

基本的にテレビを見る習慣がなくて、

でも家で作業していると、

これ経験がある人はわかるんだけども

想像以上に気が滅入るし、

有料放送ぐらいないとやってられん。

逆に言うと今まで無しでようやってきたなというのが所感。

 

来年からはウォーキング・デッドやら、

同時加入のWOWOWでスペインサッカーやらを

見倒してやるんだ!! 

つってもゾンビの方はもう終わりが見えてるんやが。

 

当初はJ:COMに入る予定だったんだけど

イニコス、ランコスなど計算すると月々9000円で高い。

スカパーはつってこれも集合住宅ゆえの宿命で

アンテナが無理。ひかりTVに落ち着いた次第です。

月額5700円!! えらいぷらら

 

これぐらいの潤いがないと今の時代、

創作なんて無理だよなーとかって難癖つけて

来年がとても待ち遠しい。

年末の気分

大人になると時間が過ぎるのが早くなるのは、

これまでの経験が日々おこることから

鈍感になっていくからというのが

まあまあ偉い人らの共通見解。

やので行事ごとやイベントが

通過儀礼のようになっていると

ただの害にしかならんらしい。わかる気がする。

 

行事ごとと言えばハロウィンやクリスマスで

はしゃぐのがいまいちピンとこないんだけど、

ああいうとき絶対に

「クリスマス気分」

って言う人がいて、ということは

その時点でその人の中にあるクリスマスが

そもそも「偽」だったってことに気付いたのか、

または今味わっているクリスマスが「気分程度」

と吐露してることになってるのかなどうかな。

わーと楽しんでそうな人に限って溢すこの「○○気分」。

ぜんぜん楽しんでないんやって思うよね。

今後VRやARの進化によって得られる擬似を

すでに体験してる感すらあるこの発言は

無意識下ではあるんやろうけど

ものすご不自由な感じがしてハッてなります。

 

今年の年末年始はとてもまったりとしていて

今日とりあえず髪を切りにいき、夕方まで寝てた。

明日は自転車を直しに行きたいし、

執筆の際にお世話になっているカフェに顔も出したい。

今年は旧交をあたためる機会が多くて、

来年以降もなんかしらのつながりが増えればいいよなー

と思っている。

そして同じことの繰り返しはさらにどんどん減らして

新しいものをガンガン目に入れて、ふがふが嗅いで

全方位でへーと思いたい。

その一環として昨年(つまり今年)は元旦から出勤で、

そのときは別にいいやと思っていたけど、

過ぎてみれば二度とごめんだね。

元旦からの出勤があんなにも陰を落とすとは。

今後元旦に働いている人との接遇には

とても痛み入ると思うけど、自分はそういうのはもういいです。

元旦からとか行事ごとで馬鹿騒ぎしているなか、

働いている人ってほんと偉いよな。

 

とりあえず今はとくに小説を。

書きたい気分やし書けそうやので、

やってることはいつもと変わらんけれども、

やりたいことをやりたいタイミングでやれてる

ということは「○○気分」の不自由さと比べれば

個人的にとても幸せな感じがする。

明後日は掃除もしたい。

家を丸ごと洗う感じでやりたいし墓参りもしたい。

風邪と近況

ものすごく久しぶりです。

昨日から風邪、ひいてます。

この時期は毎年さまざまな感冒症が

大セールなんやけれどたぶん普通の風邪で

快方に向かっております。

ありがとうございます。

 

f:id:mehachi51:20161222212323j:plain

写真は法隆寺です。

付近に取材に行ったんやけど、

拝観料1600円!!

入らずに帰ってきたので

また機会を改めたいと思います。

 

f:id:mehachi51:20161222212545j:plain

こちらは中村芝翫八代目。

取材の一週間後ぐらいによく仕事で一緒になる

フリーのフォトグラファーの口添えもあって

クリエイターのエージェント登録に

久しぶりに難波に行ったんやけども、

ものすごい狭い通りを人力車で。ごっさ迷惑でした自分的に。

 

この日の前夜に茶屋町でたむけんを見て、

ひとりでうろうろタクシーを拾おうとしておった

彼のほうがなんぼか好感持てた。

梨園とお笑い、

どちらも広く一般的、

というかむしろお笑いだろの平成の世にあって

この差はいったいなんなのか。

愛…大阪

僕は大阪で生まれ育って

親の転勤や災害もなく大阪しか知らんわけです。

子どもの時はテレビが好きで

お笑いが好きでダウンタウンが好きで(今もやけど)、

なんでガキの使いが大阪で見られへんねん! 

と憤り、スタイリッシュかつ

情報のあふれる東(主に東京)の方角を

指をくわえて羨んでいたわけです。

 

でも、大人になって働き始めて、

両親が熊本にセミリタイヤ的に移住して小説を書き始めた頃、

大阪の人懐っこさがだんだん好きになってきました。

 

「にいちゃん今何時や」

と知らない人が声をかけてくる大阪。

 

大都市にもかかわらず

半透明ゴミ袋の普及が圧倒的に遅かった大阪。

 

道がせまく火事の被害が広範囲に及んだ教訓から、

消防法に則って道幅を広くするんかなと思ったら

ほとんどかわらん感じで居酒屋が軒をならべる大阪。

 

昨日、歩いてたらこんなのありました。

f:id:mehachi51:20161207075345j:plain

 

僕が海外からきたら

こんなのでも「あーよかった宿あるで」になるんかな。

家の裏手には幟があり、

「おもてなし」と書いてあった。日本語で。

おもてなしになってへんで大阪。